乗り換えるとしたら、コペンは手放さざるを得ないかな、と

IMG_20230807_180233692

さてコペンも製造から10年を迎え、走行距離も53,000kmを迎えました。
自分は15,000km走行のときに中古で買って5年。
4万キロくらい走りましたね。

その間、おおきなトラブルとしてはナビのタッチパネルがぶっ壊れてほぼ使い物にならず、ナビの全面にタブレットを配置してナビ代わりに使っている状況。
走りの面では、購入直後のタイヤのブレが大きく、振動が止まなかったのですがこれはタイヤ交換で完治。

バッテリーは何度かあがってしまってそのたびに新品交換。
エンジンはなーんにも不調は無かったかな、3,000kmごとのオイル交換と2回に一度のフィルタ交換も心がけていました。

オープン機構がダメになるコペンもあると言われていたけれども、そういった不具合はなかった。
前回の車検の際にエンジンマウントやミッションマウントを総入れ替えしたので、乗り心地は新車に戻った気分でした。


で、そんなコペンローブの下取り金額。

こないだGR86の見積もりを取得する際に、ついでに査定してもらってきました。

結果は、 65万!

まぁまぁじゃないかな。

とは言え、このときは査定されることを想定して準備をしていなかったので、内装が汚かったしホイールやタイヤは冬タイヤでダサいのを履いてた。
ちゃんと準備すれば80万は狙えるんじゃないかな・・・たぶん。


そう考えると、手元にパッと出せる頭金は100万
ローン組んでも良いかなと思っている金額が200~300万
コペンの下取りが80万

ってことで300万円~450万円くらいが、まぁ予算って感じかな。



というわけで、次回はGR86の見積もり結果をご紹介。

--