コペン、その次へ

IMG_20190330_141804
相棒のコペンさま。

さてコペンも製造から10年を迎え、走行距離も53,000kmを迎えました。
自分は新古車を購入したのでツーオーナー目で、そのすべてを過ごしたわけではないのですが15,000kmで購入したコペンもここまできました。

去年、4度目の車検を通して、その際にブッシュ類も一部交換したのですが・・・



コペンは最高のおもちゃではあるものの、次を考えても良いのかななんて思い始めました。

買ったクルマを永遠に愛するのも車好き、新しい技術を取り入れたクルマに興味を持つのもまた車好き。

そんな乗り換え候補として「マニュアルであること」「運転の楽しさがあること」「無理のない範囲で維持できること」「見た目がかっこいいこと」などを定義して、最近マイナーチェンジしたGR86を試乗してきました。


コペンローブと比較してGR86 RZ(MT)はどうだったのか

MTのGR86が置いてあるTOYOTA販売店が県内に少なく、さいたまでは幸手にある店舗となりました。

試乗した感想と、コペンと比べてどうなのか。


86自体はZN6(フルモデルチェンジ前)の前期・後期ともに運転したことがありました。
今回フルモデルチェンジ後のZN8を乗ってみて、車格が数段上がったなという印象。

ボディはガッチリ感が増して、乗り心地も向上。
パワー感も回転数に正比例するようなでかた。
内装の質感も大変向上していて、高級車っぽさが出たなーという印象。
ただ、これのどこがライトウェイトスポーツカーなんだろ?と疑問符。

いい車だなと思ったし、カッコいいなとも思ったのだが・・・
本体価格も割高に思えてしまってSKIPする可能性が高くなった。

燃費:コペンの2倍かかる
税金:コペンの4倍かかる
屋根:開かない
などネガな部分が出てくると、一目惚れしたーってわけでもないクルマには手が出なかった。

逆に、急遽思い切り気になってきたのがMAZDAのロードスター。
以前試乗したことはあったのだが、そのときには「意外と普通のクルマだな?」といった印象だったので、また最新モデルを試乗してみよう。

コペンの前の前には、MAZDAのRX-8持っていたこともあってMAZDAのクルマは嫌いじゃない。
そしてランニングコストも安価。

そんなわけで今コペンから乗り換えるならばという題材で言うとロードスターが一番可能性高いかもしれない。
というオチのない独り言。

--